TOP / コンテスト/2013TrumpetLoveletterコンテスト
 

 



トランペットラブレターコンテスト審査結果が以下の通り決定いたしました。
ご応募くださった皆さん、ありがとうございました。

 

■Trumpet Love letterコンテスト 開催要項
 演奏技術だけではなく、情感豊かに「愛が届く演奏」だったかを競う、トランペッター対象にしたコンクール。
 ●課題曲   「Trumpet Love letter」
 ●応募〆切  2013年7月31日
 ●応募部門  A:演奏部門  B:表現部門
 ●応募方法
  CD収録のボーナストラックのマイナス1を伴奏に演奏している映像を応募。

  ※応募要項はこちら でご覧いただけます

 

■審査員(ズーラシアンブラスお友達プレーヤー)

 上田仁、久良木文、岩渕重紀、上里友二、山口尚人、佐藤和彦、石川亮太


■総評
 ズーラシアンブラス初の試みである、トランぺッターのためだけのコンテスト『トランペットラブレターコンテスト』は、全国から多数の皆さまにご応募をいただきました。
当初、演奏技術を評価する「演奏部門」・いかに愛が届く演奏かを競う「表現部門」の2部門にわけて募集をいたしましたが、どちらの部門も演奏技術が高く、皆さんの愛が込もった素晴らしい演奏であったたため、全員を両部門で審査することにいたしました。
「演奏部門」は、音色や演奏技術、フレージングに焦点をあて、「表現部門」は、いかに想いが届く演奏であったかに焦点をあてて審査いたしました。ズーラシアンブラスのお友達プレーヤー7名が審査にあたりました。 「演奏部門」では、応募くださった皆さんの演奏に熱がこもり、上位数名で票が分かれたため、僅差での受賞者決定となりました。「表現部門」は、いかに愛が届いていたかを審査員が主観的に判断しました。また、演奏技術は未熟ながら、このコンテストに果敢にチャレンジしてくださった小島さんには、特別賞「ライオン賞」を贈ることにいたしました。
審査員・事務局一同、皆さんの熱い演奏に心を打たれたため、当初一回限りのコンテストにする予定でしたが、2014年も引き続きこのコンテストを実施したいと考えています。
ご応募くださった皆さまに心より御礼申し上げます。そして、受賞された皆様、おめでとうございます。
(ズーラシアンブラス制作責任者 大塚治之)



■審査結果

 ※表彰式を、2013年12月31日 ジルベスター音楽祭 プレイベントにて行います。

 A:演奏部門  
   

  最優秀賞  内山龍太さん(茨城県) 33歳(野良猫合奏団、la gattoメンバー)  
  ▼ご本人からのコメント
2週間前に当コンテストを知り急いで準備しました(笑)
今のコンディションで最大の愛を表現しました
自分の中のサブテーマは「生き別れたお母さん」です
重いですね(笑)
   
      「美しい音色とビブラートにみんながうっとり聴き惚れました!」 (審査員より)   
     
 
 
  優秀賞  鈴木惇也さん(北海道) 高校3年  
  ▼ご本人からのコメント
こんにちは!!今回ズーラシアンブラスのCDは「Trumpet Love Letter」が初めて買ったCDだったのですが、聞き惚れてしまい、応募した次第です。
愛とは何か、よく考える日々となりました。僕にはまだわかりませんが、きっと愛とは僕がトランペットを手にする瞬間のあの感じだと思いました。愛の表現は難しかったですが、自分なりにがんばってみました…
動画は始めから最後の最後まで見て頂きたいです!!
最後に、インドライオンさん始めズーラシアンブラスメンバーのみなさん、お体に気をつけてこれからも楽しく感動する音楽を創りつづけてください!
   
      「優しさあふれる表現と、素晴らしい音色を兼ね備えた演奏にブラボー!」  (審査員より)   
 
 
  優秀賞  西本誠治さん(千葉県) 45歳(船橋吹奏楽団,アウローラ・ウィンド・オーケストラ<代表>)  
  ▼ご本人からのコメント
中学の頃から社会人になってもずっと吹いています。 ここ2・3年は育児のため活動をお休みしていましたが、 家族を想いながら吹きました。
よろしくお願いいたします。
   
      熱い、とても熱い演奏。
演奏をまとめるのではなく、最後まで想いを込め切っている、というところにグッときました。 (審査員より) 
 
         




 B:表現部門 最優秀賞  吉田春菜さん(岐阜県) 中学3年
   

         
  ▼ご本人からのコメント
部活の後に撮ったので、聞き苦しい演奏になってしまい申し訳ないです。
自分なりに、愛をイメージしながら、大切な人に届けられるように演奏しました。
最後まで聴いてくださってありがとうございます。
========
 私はインドライオンさんが大好きすぎて、トランペットをはじめました。
今はライオンさんのこともトランペットのことも大好きです。
ズーラシアンブラスさんのおかげで私はトランペットに出会えました。
すごく感謝しています。ありがとうございました。(^^)
   
      「まっすぐな演奏、一生懸命な姿、そしてラストの悔しそうな表情に心をわし掴みされました!」  (審査員より)   




 特別賞「ライオン賞」 小嶋優奈さん(神奈川県) 中学2年
   

         
  ▼ご本人からのコメント
生来ののんびり体質が災いして、あれよあれよ…という間に7月になり、部活の吹コンの練習に明け暮れ…(すみません…言い訳ですね)
あっという間に締切間近になってしまい、練習不足のまま応募させていただくことになってしまいました。
こんな出来で応募して失礼ではないのか…と思いましたが。。。
表現部門をズーラシアンブラスのみなさまへの「愛情表現」と解釈させていただき応募させていただきます。
お聴き苦しい点が多々ありますが、よろしくお願いいたします。(母)
   
       「画面いっぱいから溢れ出すライオンさんとズーラシアンブラスへの愛にやられました。」  (審査員より)   



 ※ご応募くださった皆さん、本当に素敵な演奏をありがとうございました。