マルゴー Tenor Saxophone

四人の中では、いちばんのロマンチストです。となり村に、本を読んだり空想して楽しんだりする秘密の小さな家を持っています。みんなといる時は、やさしく気配り上手な、バランスのとれた性格をしています。その場を明るくする華やかさをもっているので、マルゴーがいないと会話が弾まない…なんてことも良くあります。そんな場面を見るにつけ、オレがいないとみんなダメなんだなぁ、やっぱしお兄ちゃんだもんな〜と一人ニコニコしています。ケンカをしても、あっさり謝って仲直りを申し出る素直さをもっています。
だから他の三人はマルゴーとケンカをすると自分が大人げなかったなぁ、と反省させられてしまうのです。